海辺ぐらし海色あつめ

35歳0歳児ママ。海辺ぐらし3年目。

MENU

【海のインテリア集め】5つのアイテムで海テイストのお部屋に!


海辺ぐらしの我が家は、海にまつわるアイテムをインテリアとしてたくさん飾っています。

お部屋づくりのヒントとして、すぐに真似できる"海のインテリア集め"の方法をまとめました。

海のインテリア集めの方法

少しずつ集めた我が家の海のインテリア。こちらでは、みなさんがすぐに買えるモノを中心に紹介しています。

(1) 貝殻の購入は貝殻の問屋さん!

まず絶対欲しいのは貝殻ですね。浜辺で拾いたいところですが、綺麗な貝殻を見つけることはなかなか難しいのと、浜辺でモノを拾うのは管理者の許可が必要なので、サクッと買ってしまいましょう。

貝殻やシーグラス(ビーチグラス)を買うなら、"貝殻の問屋さん"がおすすめです。

こちらのお店には、貝殻やビーチコーミングに使えるアイテムが1500以上揃っています。しかも、お安い!手の平サイズの大きな巻貝が1000円ほどで買えます。

お店は、山口県宇部市にあります。え?と思った方、ご安心ください。ネットで注文可能です。送料も良心的です。

なお、商品検索の下にある"カテゴリから選ぶ"は要チェック! "100円コーナー" "アウトレットコーナー"など、綺麗な貝殻が信じられないくらいお得なお値段で販売されています。

貝殻やヒトデは、きちんとお手入れされていないと臭かったり、壊れやすかったりしますが、こちらの問屋さんのものは、とても綺麗で匂いもなく、状態が良いのでおすすめです。

(2) 小瓶やウッドボックスは100円均一!

貝殻が手に入ったら、次はそれを飾る方法です。もちろんそのままポンっと置いても素敵ですが、小さめのアイテムは瓶に詰めて並べるとおしゃれです。

小瓶やウッドボックスは、100円均一(DAISOさんやSeriaさん)に売っています。

なお、春から夏終わりくらいまでは、種類は少ないですが、貝殻やヒトデ(作り物)も100円均一にて手に入れることができますよ。

小瓶とウッドボックスの選び方

小瓶はコルク栓のものを選びましょう。ジャムの蓋みたいな、金銀の蓋付きはNGです。また、ウッドボックスは、埃が入らないように透明フィルムが付いているものを選びましょう。

さらにウッドボックスは、中に入れる貝殻やシーグラスが映えるように、色を塗ってあげるとよいです。もちろん、絵の具も筆も100円均一で買うことができます。

(3) 海の写真はパネル加工で飾る!

ひとつ大きな海の写真がババーン!とあるとお部屋がぐっとお洒落になります。

お部屋づくりをするとき、メインピースを決めることが大事です。あれもこれも!と飾るのではなく、"このお部屋のメインのインテリアはこれ!"と決めてから、他のインテリアを飾っていくとまとまりがでます。

大きな写真はメインピースになります。写真はパネル加工するのがおすすめです。

パネル加工とは、写真をフレームに入れて飾るのではなく、ボードなどに写真をそのまま圧着し、壁に飾れるようにする方法のことです。

パネル加工はカメラのキタムラへ

おすすめは、木製パネル加工です。フチなしなのでインパクト大!我が家ではモルディブで撮影した海の写真を"全紙"サイズで飾っています。


(4) 海のモビールはFlensted Mobile!

さぁそして、次は吊りものです。お洒落な部屋づくりに欠かせないモビールですね。

海テイストのモビールは、北欧デンマークブランドのFlensted Mobile(フレンステッドモビール)にたくさんあります。

Flensted Mobile(フレンステッドモビール)は、北欧ならではのユニークでおしゃれなデザインとカラーが魅力的です。

そして、とても軽い素材でできているので、ほんの少しの空気の動きでも ゆらゆらゆらり、ふわふわと動いて楽しませてくれます。

魚や船、イルカやタツノオトシゴなど海を感じるモビールがたくさんあるので、お部屋の雰囲気に合わせて選んでくださいね。

(5) クッションカバーの購入はニトリ!

お部屋の雰囲気づくりには、ファブリックも大事です。とは言え、ラグやカーテンを変えるのは大変なので、まずは身近なクッション&クッションカバーでお部屋を変身させましょう。

海テイストのクッションカバーは、ニトリさんで買うことができます。

種類が豊富な上にお値段もとってもお手頃!500円ほどのクッションカバーもたくさん。さすがお値段以上ニトリ!

クッションカバーの選び方

お部屋の大きさにもよりますが、できればクッションは2-3個、それぞれ違うカバーのかかったものがあると素敵です。

ニトリさんには、スターフィッシュ(ヒトデ)やコーラル(珊瑚)など海の生き物が書かれたクッションカバーもあります。

複数のクッションカバーを選ぶ時は、色味を合わせてあげると失敗しませんよ。

なお、アルファベットが入っているようなクッションカバーは安っぽく見えるので、買う時は柄しか入っていないものを選びましょう。


お部屋づくり、これだけは!

最後に、お部屋づくりをする上で、これだけは絶対にやってほしいこと。

キャラクター物を排除すること

ぬいぐるみ、クッション、ポスター、本etc.とにかくお部屋にひとつでもキャラクターものがあると、感度がガクッと下がります。(家にあっても良いのですが、見えないところに移動させましょう。)


海テイストの素敵なお部屋づくりができますように…
www.umi-iro.com