海辺ぐらし海色あつめ

35歳0歳児ママ。海辺ぐらし3年目。

MENU

図書館は相互利用サービスを使う!


わたしは大の本好きです。1年に120冊以上、小説を読んでいたこともあります。

実家を出てから、今まで7回引っ越しをしていますが、引っ越し先が決まって役所関係の手続きが終わったら、すぐに図書館の利用登録をしに行きます。

本好きのわたしが、田舎ぐらしでどのように本を借りているのか紹介します。

田舎の図書館は穴場である

味のある小さな古びた図書館。これも大好きですが、今住んでいる街の市立図書館は移設からあまり年数が経っておらず、きれいです。

最近、移住者を増やす一環として、図書館をグレードアップする地域も増えているようですね。有名な本屋さんが監修した図書館などもあるようです。

我が街の市立図書館には、本に紫外線と風をあてて除菌してくれる機械がおいてあります。

無料で誰でも使えるので、いつも借りる本を除菌してから持ち帰っています。臭いがほぼなくなり、読んでいるときに謎の髪の毛がでてくる…なんておぞましいこともありません!

*******

さて、田舎の図書館の良さ。

それはなんと言っても、利用者が少ないので新刊もすぐ読める!ということ。

大きな街に住んでいた頃、新しい本を借りようとして"100人待ち⁈いやいやそれなら買います…"となったことがあります。

今はそんなことはありません。待ったとしても1-2週間でまわってきます。これは本好きとしてはたまりません!

他の図書館から本を借りる方法

大きな街に比べて、どうしても田舎の図書館は本の数が少なくなります。

我が街の市立図書館は、専門書などコアな本はあまり置かれていません。そして、問題は洋書。本当にちょこっとしかないのです。

我が家では、娘に英語絵本の読み聞かせをしています。

図書館に低年齢向けの英語絵本がないため、amazonさんで購入していますが、多読するには無理があります…

市立図書館の方にお話しを伺ったところ、"県立図書館が多読用に英語絵本をたくさん置いている"と教えていただきました。

そこでこの"相互利用サービス"です。

▶︎相互利用サービス

*お住まいの地域によって決まりが違うのでご注意ください。

本来、登録(利用)可能なのは、住んでいる場所の"県立図書館"そして"市立図書館"だけです。

しかし、相互利用サービスを使えば、他の図書館(提携している市など範囲あり)から本を借りることができます。

●県立図書館の本を、いつも利用している市立図書館に取り寄せ、返却ができる。

●隣の市の図書館の本を、いつも利用している市立図書館に取り寄せ、返却ができる。

上記のような使い方ができます。

▶︎相互利用サービスの登録方法

他の図書館から本を借りられるこのサービス。

わたしはさっそく、県立図書館の本を借りたいので利用登録をしたい!と市立図書館の受付で申し出ました。

すると…"こちらの図書館で、他の図書館の利用登録はできません。相互利用したい図書館に一度行って、利用登録をしてください。"と言われました。

えーっ!?遠くて行けないから相互利用サービスを使いたいのに。行かなきゃいけないの?

驚愕…どうやら個人情報の観点から、他の図書館の利用登録はできないそうです。

仕方ない。ということで、週末に家族で県立図書館まで行って手続きをしてきました。

もし隣の市の図書館の本を借りたいなら、隣の市へ一度行って手続きが必要ということになります。

▶︎リクエストフォーム

結局わたしは、県立図書館まで足を運びましたが、そんなことできません…という方もいらっしゃると思うのでご案内をもうひとつ。

市立図書館で説明を受けました。

"定期的に他の図書館から本を借りるなら、その図書館の利用登録をしての相互利用をおすすめします。ただ、あの本が読みたいなど、単発のご希望であれば、リクエストフォームをご利用ください。"

リクエストフォーム??

詳しく教えていただきました。

"借りたい本があるけれど、その本がこの図書館にはない…という場合、リクエストフォームに必要事項を記入して受付にお持ちください。購入したり他の図書館から借りて、できるだけご要望にお答えします。"

つまり、他の図書館の利用登録なしで、他の図書館の本を借りることができるそうです。もしくは他の図書館にない場合は、購入を検討してくれるとのこと。

これまた便利ですよね!!

他の図書館からたくさん本を借りたいというわけでなければ、リクエストフォームを使う方が良さそうですね。


プライバシー保護

相互利用サービスについて説明を受けた際に、なるほどと思ったことがありました。

わたしの街の市立図書館は、スキャナーする機械があり、自分で本を借りる仕組みになっています。

受付に本を持って行って、ピッピってしてもらう必要がないんですね。いやぁ便利。

しかし、相互利用サービスで他の図書館から本を借りた場合は、受け渡しと返却を受付で行う必要があるそうです。

そこで言われたのがこれ↓

"他の図書館から借りた本は、中身が見えない袋に入れらてこちらの図書館に届きます。袋ごとお渡ししますので、お客様の借りた本が職員に知られることはありません。返却時も同じです。"

いや、そこまでしなくてもいいけれど…と思いましたが、今は本の好みも個人情報のひとつということでしょうか。

採用面接などで、家族のことや尊敬するひと、好きな本を聞くのがNGになったように、図書館でも配慮されるようになったんですね…

うーん時代は変わりました。

*図書館のサービスは、お住まいの地域によって決まりが違うので、詳しくは最寄りの図書館にてご確認ください。