海辺ぐらし海色あつめ

35歳0歳児ママ。海辺ぐらし3年目。

MENU

温暖化で沈む国 Maldives

わたしには夢があります。
ハネムーンで行ったMaldivesに、60歳になったとき、夫婦でもう一度行くこと。
ただ、そのMaldivesに危機が迫っています。

温暖化で沈む国、モルディブ

モルディブ

インド洋に浮かぶ、約1200の島。

真っ白い砂浜に、真っ青の空、エメラルドグリーンの透き通った海、艶やかな魚たち。

モルディブは、ひとつの島にひとつのホテルというユニークなリゾート地です。

わたしたちが行ったのは、首都マーレからスピードボートで20分ほどの島。

シュノーケリングポイントになるハウスリーフがあり、一周徒歩15分ほどの可愛らしい島でした。

1週間ほどの滞在で、ビーチからすぐの場所でウミガメに3回も出会えた、忘れられない場所。

海外から来られている方たちは、ご年配の方が多く、なごやかな雰囲気で手を繋いだりなんかして。

すべて放り投げて、なにもかも忘れて、ひたすら海と空を眺めて、気持ち良い日差しと波の音に身を委ねた1週間でした。

"次は60歳になったとき、また来よう"ふたりでそう約束して。

温暖化の影響

ハネムーンから数年後、こんなニュースを見ました。

モルディブは、海面が1m上昇すると国土の80%が海に沈む。

ハネムーンでモルディブのほんのヒトカケラしか見ていなかったことを、反省しました。

沖縄もそうですが、観光地として楽しむために訪れても、その歴史や未来について学んだり考えるのは後回しにしがちです…


もしこのままだと、モルディブは確実に海に沈んでしまいます。

あるテレビ番組では、すでに島の浜が削られ、木が倒れ、移住を余儀なくされている島の人の苦悩が映されていました。

そこに住む人たちは、島と共に海と共に自然の中で生きてきた。なのに、温暖化の影響を受けて島に住めなくなってしまった。

わたしは、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

便利な生活を送っていること…の元を辿れば、温暖化を生み出しているのでは?

島の人だけではありません。海の温度があがることで、海中の生物にも大きな影響を与えます。

あの豊かな珊瑚礁、たくさんの魚たち、ゆうゆうと泳ぐウミガメも…あっという間に、なくなってしまうかもしれない。

もちろんモルディブだけでなく、すべての自然は同じ危機にある、ということ。

"娘はこの美しい海を見られないかもしれない。"

そんな風に思うようになりました。


温暖化対策のためにできること

↓ここからは素人のわたしが調べたことです。

温暖化対策、いちばんは"二酸化炭素の排出量を減らすこと"

▶︎電気の使用量を減らす

なぜ?

電気は火力、水力、原子力発電、自然エネルギー発電から作られています。

日本では約9割が火力発電でまかなわれていて、その火力発電の石油や天然ガスを燃やして電気をつくる工程で二酸化炭素が発生します。

電気の使用量を抑えることで、二酸化炭素削減に貢献できるということです。

我が家でできそうなこと。

  • 使わない時はコンセントを抜く
  • 冷暖房の設定を1度調整する
  • テレビは観たい番組しか付けない
  • シャワーを使うのを控える
  • 早寝をして消灯を早めにする

▶︎水も大事に使う

水も蛇口から出るまでに大量のエネルギーを使っているそうです。節水も温暖化対策になります。

我が家でできそうなこと。

  • 水を出しっぱなしで洗い物をしない
  • 歯磨きの時はコップを使う
  • シャワーの流しっぱなしをやめる

▶︎車の使用を控える

公共の交通機関を利用する、なるべく歩く、自転車移動を心がける。

これは分かってはいるものの、田舎ぐらしで0歳子育て中のわたしとしてはなかなか難しい…

ただ、アイドリングはONにしているので、少しは違うかな…

▶︎エコバッグを持ち歩く

なぜ?

レジ袋を作るときに原油が必要で、原油の二酸化炭素排出量のことを考えると、レジ袋はやめましょう、ということです。

また、ゴミを燃やす時にも二酸化炭素が排出されるので、ゴミになるものを減らす努力が必要です。

捨てるものを減らすことも温暖化対策につながります。

わたしは行くスーパーが決まっているので、そこの店、専用のエコバッグを使っています。

そのエコバッグは、カゴと同じ大きさカタチになっていて、保冷素材でできています。

レジの時に渡すと、そのままエコバッグに買ったものを詰めてくれるので、娘を抱っこしたまま袋詰めにアクセクすることはありません。

そしてエコバッグを使うと3円のキャッシュバック。とっても太っ腹。その店の心意気が好きで通っています。

プラスチック問題については、また別の機会に書きたいと思います。

オゾン層

"地球温暖化は二酸化炭素が原因、オゾン層破壊はフロンガスが原因"

温暖化の原因がオゾン層破壊ではない。ふたつは無関係ではないものの、それぞれの原因は違うので気をつけたい。

わたしは子供の頃"フロンガスの影響でオゾン層が破壊されている!オゾンホール!紫外線!"と教わりました。

オゾン層、どうなったの?

わたしの耳に入らないだけですか?ニュースでも全く聞かないのです。

あんなに騒がれていた"オゾンホール、どうなったの?"

調べてみました。気象庁、環境省…ふむふむ。

2018年、急速に発達した後、消滅したそうです。

ごめんなさい。理科も科学もまるっきりダメだったわたしには、みなさんにうまく伝える術がありません…

どなたか得意な方、お教えくださいませ。

メッセージ

娘に、わたしが感動したいろいろな世界を見せてあげたい。

自然をひとつでも多く残してあげたい。そんな気持ちで、毎日ひとつでもできることをやり続けていきたいな…と思っています。

今残っている自然は、これまでのご先祖さまが大切に守ってくれたギフトだと、そう感謝して…

拙い文章を最後まで読んでくださって、ありがとうございました(*´-`)