海辺ぐらし海色あつめ

35歳0歳児ママ。海辺ぐらし3年目。

MENU

【靴の寄付】不用品の寄付でミニマリストへ!

ここ数年、ミニマリストという生き方にスポットがあたり、わたし自身もちょっぴり憧れがあります。

海辺のまちに引っ越してきて3年目。シンプルなくらしができるよう、自分の洋服はかなり減らしてきました。

なお、整理する際は、なるべく捨てるのではなく、ネットのフリーマーケットを利用しています。

今回、靴の整理をしようと思い、ふと"寄付"という選択肢を思いつきました。

靴のミニマリスト化

この春、数年ぶりに靴を2足新調しました。仕事復帰する自分に"出産と子育て"を頑張った1年間のご褒美です。

そこで玄関の靴箱を開けると、履いてない靴たちが並んでいました。

妊娠、出産を経て、服の好みも大きく変わったので、履く靴も偏るようになっていました。そこで靴を整理することに。

靴を仕分けるための自問は次の3つ。

⑴この1年で何回履いたか

1年で一度も履いてない靴は、寄付候補。逆にたくさん履いて、履き潰している靴も寄付候補。

⑵この靴に似合う服を持っているか

靴だけ見て、素敵!と思っても、今の自分の好みの服装に会わなければ、出番はありません。いつか履く…は寄付候補。

⑶靴の数は身の丈にあっているか

用途ごとに靴の数を数えます。自分の生活に合った数まで減らします。今回のミニマリスト化でわたしの靴箱はこのようになりました。

  • 仕事用4足
  • 休日おしゃれ靴3足
  • スニーカー2足、運動靴2足(テニス・山登り)
  • ビーチサンダル2足、海遊び用の靴1足
  • 冠婚葬祭2足

寄付することにした靴

  • ▶︎仕事用の靴

黒とカーキの色違いで買った革パンプス2足を…ありがとう。さようなら。2年強、ほぼ毎日履いたので、たくさんキズができて目立つようになりました。

  • ▶︎ぺったん靴

妊娠中の通勤に活躍したぺったん靴3足を…ありがとう。さようなら。踵を踏んだりしていたのでクタクタ感あり。中敷を入れても、長時間履くと脚が疲れるようになりました。

  • ▶︎スニーカー

3年以上履いてないスニーカーを…ありがとう。さようなら。気に入って履いてた時期もありましたが、黄ばみも目立つようになり、服のテイストも変わったため、出番がなくなりました。

おとな靴を寄付する

どこに寄付しよう…いろいろなサイトを確認しましたが、"子ども靴の寄付募集"が多いです。そうか。子ども靴かぁ…

わたしの靴にはパンプスも含まれるし、寄付には向いていないか…そう思っていたのですが、見つけました。おとな靴も受け付けている団体を!


ECO Trading 不用品宅配回収

あなたの大切な想い出の品を送ってみませんか?
皆様に寄付いただいた不用品は主にタイ、フィリピンのリサイクルショップに販売され、現地の生活に役立てられます。
その売上げの一部は現地の孤児院や国内のNPO団体への寄付活動をおこなっています。
また、エコトレーディングのスタッフが物資の一部を現地の孤児院に直接届けたり、NPO法人 Lotus Childrenを通じ、スモーキーマウンテンの子どもたちに直接手渡されたりもします。
2019年より、お譲りいただいたものの一部を日本国内で再販売し、その一部で日本国内の児童養護施設への支援や、被災地復興支援、ボランティア活動にも充てさせていただいております。
引用: ECO Trading

ここならわたしのパンプスたちもお役に立てそう!ということで、さっそく寄付の準備です。

▶︎靴を綺麗にする

この靴たちが誰かにもらわれていく…と思うと、少しでもべっぴんさんにしてあげたいと思いました。

この靴たちと出かけた数々の思い出を噛み締めながら、"また、いいひとに出会うんだよ。今までありがとう"そんな気持ちを込めて。

▶︎箱に入れる

あまり過度に包装すると仕分ける時に大変なので、大きなビニール袋1枚に靴をまとめて入れ、さらにそれを箱に入れます。

Q何に入れて送ればいいですか?
A段ボール箱をおすすめしますが、何に入れていただいても差し支えありません。弊社までの輸送途中で梱包が解けてしまわないようご留意いただければ大丈夫です。
段ボールはスーパーや薬局などに無料設置してあるもので問題ございません。
引用: ECO Trading 送り方について

▶︎事前連絡不要!送るだけ!

エコトレーディングさんでは、特に手続きや申し込みは入りません。不用品を決められた住所に送るだけ。 *海老名支店への到着日は日曜以外で

不用品回収や寄付は、事前連絡やネット登録が必要なところが多いのですが、ECO Trading さんは"送るだけ"なので、思いついた時に不用品を送ることができてとても便利で簡単です。

なお、エコトレーディングさんでは送料は自己負担です。

確かに、送料無料の不用品回収の団体も他にありましたが、わたしは送料は自費でも問題ないと感じました。送料も寄付の一部だと考えてみると、特に損した気持ちにはなりません。

ちなみに、今回の配送料金はクロネコヤマトで1,269円(100サイズ/2ℓペットボトル6本の段ボール利用)でした。

不用品の寄付でミニマリストへ!

今まで不用品は、ネットのフリーマーケットか不用品回収BOXの利用、この2択でしたが、寄付という選択肢が増えたことで視野がぐっと広がりました。

要らなくなったものだけでなく、大事にしてたけど使わなくなってしまったもの、これらも必要としている誰かに使ってもらえるなら手放すことができます。

ものを大事にする丁寧でシンプルなくらし。寄付はそれを叶えるひとつの方法です。

日本では売れない、二次利用されないものでも、海外では重宝されることも。それならば、喜んでもらえる人の元へ…