海辺ぐらし海色あつめ

35歳0歳児ママ。海辺ぐらし3年目。

MENU

高知県のシュノーケリングなら大月町へ!


スマホの写真を整理していて出てきた、この写真。人生初、クマノミが釣れたあの場所。

高知県には、綺麗な海水浴場がたくさんあります。その中でもおすすめのシュノーケリングスポットは、高知県幡多郡大月町。

高知の南西に位置する大月町には自然がいっぱい。一度は訪れて欲しい広大な太平洋も楽しめます。

高知県大月町

シュノーケリングスポット柏島

その日、最初に目指したのは柏島。

高知の南西部のダイビングポイント&シュノーケリングポイント。

島と言っても、陸続きの場所。高知市内からは車で3時間弱です。四国最南端の足摺岬からは車で1時間ちょっとの距離です。

黒潮の影響で南国の魚を見ることもできる豊かな海です。そして、エメラルドグリーンの海色が人気の理由のひとつ。

ただ、わたしが見たのは、ネットで紹介されているほどの景色ではなかった…(なので写真は割愛…)

美しい海の写真は、もう少しあとで!

天気とか季節のタイミングとかのせいかな。

海は確かにきれいです!でも、誰でも入れるネットで区画されたシュノーケリングポイントは、期待したほどではありませんでした。

プロの方に教えてもらって、沖の方に出てシュノーケリングやダイビングすると楽しいと思いますよ。

柏島のお食事どころ魚ごころ

わたしたちのもうひとつのお目当ては"魚ごころ"!魚ごころさんは、地元漁師さんのお店で、宿泊もされています。

柏島のまわりにはお店がほぼなく、お昼ごはんを食べられそうなところがないので、なおさら人気のようです。

海でシュノーケリングを楽しんだあと、お腹ぺこぺこで満を持して、"魚ごころ"へ。

もう、最高ですね。なんですか、このぷりぷりの歯ごたえは。卵とタレを混ぜて、海苔と一緒にいただきます。

海であそんで、美味しい地元の魚をいただく。最高…


シュノーケリングスポット椎ノ浦

次に目指したのは"椎の浦"。わたしとしては柏島より、こちらの方が楽しかったです。

ただ、ここにたどり着くには、細い細い細い細い山道をひたすら走ります。

言っておきます。道が細すぎて離合できません。

よっぽど車の運転に慣れている人でないと、たどり着くのは難しいと思います。

あまりに細い道なのにその先に人がすんでいるという驚き…

たどり着くまで何度もほんとうにこの道なのか?と不安になり、でも方向転換もできないから、すすむしかなく…

冷や汗かきまくりで着いたのがここ。

↑加工してません。

↑加工してません。

綺麗すぎるでしょ!しかもね、誰もいません。

田舎の田舎の田舎の…村なんです。道も険しすぎて、誰も来ないのでしょう。

プライベートビーチ、独り占め!

あ、浜と言っても砂ではなくて石です。サンダルは危険です。

でも、ゴミもないし、海の中も魚がたくさん珊瑚がすぐそこで自生しています。あ、オニヒトデもいました…危ないので触ってはいけません。

ここは、海水浴場のような整備された場所ではないので、遊ぶときは自己責任、それなりの装備でお出かけください。

シュノーケリングを堪能したあと、思い立って浜のそばで釣りをしてみました。そしたら、すぐに釣れたんですよ。

クマノミィィィ!(左)

しかも、一回じゃないです。何度も。もちろんリリース。もうかかるなよ。

ちなみに、日本にいるクマノミは6種類。詳しくは、また別の機会に紹介しますね。

オヤビッチャ!(真ん中)

ロクセンスズメダイと似ているけれど、尾びれに線がないので、これはオヤビッチャ。漢字で書くと"親美姫"…え?姫なの?

オトメベラッ!(右)

びっくりするくらい青い…この魚は、岩礁やサンゴ礁を住処にするベラの仲間、オトメベラのオスです。

ということで、普段なかなか出会えないお魚が釣れる、驚きポイントでした。

あ、鯛も釣れましたよ。本当に豊かな海です。

…久々に写真を見返して、思い出しながら書きました。その時は2014年だったから、5年前ですね。また行ってみたいです。

どなたか椎ノ浦に行ったことのあるツワモノ、いないかしら…