海辺ぐらし海色あつめ

35歳0歳児ママ。海辺ぐらし3年目。

MENU

お花見に行ったら、コダヌキに会った。


桜満開。春はやっぱり気持ちが明るくなりますね。先週末、桜の咲く場所をはしごしてお花見をしてきました。

川沿いに桜が並ぶとってもステキなお花見ポイントで…なんとコダヌキに出会いました。

コダヌキ発見!

犬を連れたカップルが川のそばの用水路を覗き込んでいました。何かな…と思いながら近づいてみると。

あら。子犬?捨て犬かな?

ん?なんか子犬?じゃなさそう…鼻が細長いな…

そして目の周りが黒い…

タヌキ!タヌキ!タヌキだ!

わたし、人生初、野生のタヌキ見ました!テンション上がって近づいたら、威嚇されました。

はい。ごめんなさい。野生動物には近づいてはいけません…ということで、そっと離れてお花見散歩に。

このタヌキは、小さくてまだコダヌキなのでは?と思いました。毛が濡れていたので身体が小さく見えただけかもしれませんが…

もしコダヌキなら、親とはぐれてしまったのかもしれない。大丈夫かな…と色々想像してしまいました。

映画「平成狸合戦ぽんぽこ」

タヌキと出会って思い出したのは、ジブリ映画の平成狸合戦ぽんぽこ

里山の開発によって狸たちの生活が脅かされていく、ちょっぴり切ない1994年公開の映画です。

当時、小学校の高学年だったわたし。ジブリ映画のファンだったけれど、この映画は嫌いでした。

ハッピーエンドではない狸たちを思うと辛かったんです。それでも夏休みにこの映画がテレビ放送されると、つい観てしまい、悲しくなって後悔していました。

いつでもだれかがぁ〜♪きっとそばにいるぅ〜♪あの歌もなんだか胸いっぱいになるんですよね。

平成狸合戦ぽんぽこ [DVD]

ちなみに、わたしは子ども心に玉三郎が好きでした。人間に変身したイケメン玉三郎はもちろん、狸姿のままの彼もストライク!

(いや、相手、狸だぞ。しかも小春ちゃんと結婚しちゃったぞ。笑。でも、どなたか賛同してくださる方いますか?)

平成もあとわずか。

もはやこの映画のタイトルに平成と付いているだけでも、今!観る価値がある気がします。

ここ10年はこの映画を観ていないので、DVDを借りなくては!いや、これは買いかもしれない…そして、今でも玉三郎にトキメクかどうかも確認したいです。

あ、タヌキ映画繋がりだと、マーベルの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(原題: Guardians of the Galaxy)のロケットラクーンも大好きです!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(字幕版)

ホンドタヌキ

最後に。このタヌキはホンドタヌキのようですね。

棲息地域は日本の本州、四国、九州[7]。平地から亜高山帯(標高2,000m超)まで、多様な環境で棲息している[8]。佐渡島や壱岐島、屋久島などの島に棲息する本亜種は人為的に移入された個体であり[5]、北海道の一部に棲息するエゾタヌキは地理的亜種である[7]。 本亜種の棲息地は主に里山で[9]、体型は里山の薮の中の行動に適している[10]。身を隠せる広葉樹林の下草が密生した場所も好む[8]。エゾタヌキは冬籠りをするが本亜種は冬籠りはせず、真冬でも活動する[11]。また、山野のみならず、都市部にも少なからぬ個体が生息している。[12]
引用:ウィキペディア ホンドタヌキ

なお、タヌキは平成狸合戦ぽんぽこでも見られるように、夫婦で子育てする生き物です。

奥さまが妊娠中には、旦那さまが甲斐甲斐しく世話をやき、出産後もお食事を運んだり、子育ても一緒におこないます。

そして一度結婚したら添い遂げると言われています。素敵。

その一方で、田畑を荒らす害獣としての一面も…人間さまからしたら全ての動物は害獣なのかもしれません。なんだか切ないですね…

あのコダヌキは、里山へ帰れていますように…